投資初心者でも安心|マンション経営で満足のファイナンス生活

不動産

家賃を保証するとは

案内

賃貸物件を持つ家主や不動産の管理会社、あるいはオーナーは賃借人が毎月支払ってくれる家賃によって生計をたてているものです。入居に当たっては本人の勤務先や収入、あるいは連帯保証人をとって確保するように努めています。空室が生じることになるとローンを組んでいる場合もあって死活問題にもなります。家賃保証とは賃貸契約時に連帯保証人を代行するもので、この会社が賃借人との間で保証人を立てられない場合に保証委託契約を行うことになります。家賃滞納とか債務不履行を行った場合は賃借人に代わって家賃保証会社が代位弁済を行います。これによって家賃の不払いリスクを軽減できるというメリットがあります。しかしこれに頼るよりも安定収入のある保証人が要求される場合がほとんどとされています。

家賃保証会社に加入した場合には家賃は家賃保証会社に毎月支払うことになります。この家賃保証会社の加入には事前に審査があって申込書への記入と必要書類が要求されます。申し込みの対象は会社員やアルバイトをしている人、あるいは年金受給者や生活保護者、留学生や外国国籍の人などとなっています。審査が通った場合は保証会社によって違いもありますが、家賃1ヶ月分の4割から5割の保証料金を2年分支払うことになります。家主によってはこの家賃保証会社の加入を義務付けているところも多く見られます。最近では家賃の滞納や夜逃げも多発していて、家賃を保証する家賃保証会社が倒産するケースも出て来ています。この為に保証料として10割要求されるケースもあるといわれます。